綾部神社旗降し神事

7月15日の旗上げ神事で神社境内の御神木(銀杏の木)に掲げられていた旗が、9月24日に締め込み姿の男衆により降ろされます。

降ろされた旗のなびき具合や旗に書かれた字のにじみ具合などを見て、宮司による風雨の襲来や農作物の豊凶を占った結果が観光客や参拝者に報告されます。

また、旗がつけられていた竹の枝は、商売繁盛・家内安全のご利益があるとされ、多くの人が持ち帰ります。

また、当日は奉納相撲が行われ、33番の取組みが行われます。


小学生の部4年〜6年の8名と青年の部8チームにより白熱した熱戦が繰り広げられた奉納相撲。

 

 
神事の後、禊場で体を清め、締め込み姿になり、旗降しに臨みます。

 


素手で御神木に登り、3名の男性により7月15日から掲げられていた神旗が降ろされました。

 
神旗が取り付けられていた竹の枝はご利益があるとされており、降ろされるやいなや見物客が競って枝を折り、持ち帰っていました。

 
旗は巻き方や文字の濃さ、ねじれ具合などから占われます。降ろされた旗は神社で大切に保管されます。 

 

綾部神社旗降し神事の詳細

開催日時 9月23日
開催場所 綾部神社

 

(C)Miyaki Sanpo. All Rights Reserved. powered by みやき町観光協会.