中津隈宝満神社浮立

「宝満神社」では12年に一度巡ってくる「午年」に「御幸祭」が行われています。天平4年(732年)に創建されて以来引き継がれてきた祭りといわれています。

途中の記録は消失のため定かではありませんが、明治3年に大祭が行われた以降は実施され続けており、祭り当日は、下宮である「井野原神社」まで神体が遷宮され、稚児・舞姫・毛槍・鉦・太鼓の行列が続き盛大に行われ、多くの見物客が訪れます。
(平成26年10月26日 12年ぶりに行われた中津隈宝満神社御幸祭の様子)

        

    
中津隈宝満神社(右・上宮)から井野原神社(左・下宮)まで御神体が遷宮されます。

  

 
舞姫による奉納舞

  

中津隈宝満神社浮立の詳細

開催日時 12年に一度(午年) 次回平成38年10月 
開催場所 中津隈宝満神社

 

(C)Miyaki Sanpo. All Rights Reserved. powered by みやき町観光協会.